40代ニキビのターンオーバー

post.jpg

年を取るにつれて皮脂量は、だんだん減っていきます。

10代と40代の皮脂量は、かなりの差があります。

10代の頃は皮脂量が多い為、ニキビが出来やすくなりますが、40代になると皮脂量が減っていく為、ニキビが出来る事が少なくなります。

しかし、40代でニキビが出来るという事は、肌のターンオーバーが、
正常に出来ていないという事が原因の一つになります。

男性、女性に関わらず、人間は何周期ごとに肌の角質が新しく生まれ変わります。

古い角質から新しい角質が作られていきます。
これを、ターンオーバーといいます。

古い角質が綺麗に取り除くてなく、皮膚の表面に残ったままになり、その古い角質が蓄積され、毛穴が塞がりニキビが出来てしまいます。

ターンオーバーは年を取るごとに、新しい角質が作られる回数がだんだん減っていきます。

定期的に角質取りでケアすると、古い角質が取り除かれ、毛穴が塞がらず、ニキビが出来るのを防げると思います。

年を取るにつれて、皮膚のターンオーバーが減る事により、肌へのスキンケアが重要になります。40代になると10代や20代に比べ、水分量が激変するため、
水分も十分に肌に与える事が必要です。

皮膚の水分量も少ないと乾燥ニキビができてしまいます。

また40代ニキビは、食生活でも変わってきます。

40代になり始めると、脂っこい物を食べる事が減ってくる方が、ほとんどだと思います。

その中で、急に普段より多く、脂っこい食べ物を食べると、食生活の乱れで体にストレスか生じて、一時的に分泌が乱れてしまい、ニキビが出来やすくなります。

大人ニキビと古い角質の関係

年を取るにつれて皮脂量はだんだん減っていきます。10代と40代の皮脂量はかなりの差があります。
10代の頃は皮脂量が多い為ニキビが出来やすくなりますが、40代になると皮脂量が減っていく為
ニキビが出来る事が少なくなります。

しかし、40代でニキビが出来るという事は肌のターンオーバーが、正常に出来ていないという事が原因の一つになります。
男性、女性に関わらず、人間は何周期ごとに肌の角質が新しく生まれ変わります。

古い角質から新しい角質が作られていきます。
これを、ターンオーバーといいます。
古い角質が綺麗に取り除くてなく、皮膚の表面に残ったままになり、その古い角質が蓄積され毛穴が塞がりニキビが出来てしまいます。

ターンオーバーは年を取るごとに、新しい角質が作られる回数がだんだん減っていきます。

定期的に角質取りでケアすると、古い角質が取り除かれ、毛穴が塞がらずニキビが出来るのを防げると思います。

年を取るにつれて、皮膚のターンオーバーが減る事により、肌へのスキンケアが重要になります。
40代になると10代や20代に比べ、水分量が激変するため水分も十分に肌に与える事が必要です。

皮膚の水分量も少ないと乾燥ニキビができてしまいます。

また40代ニキビは食生活でも変わってきます。

40代になり始めると、脂っこい物を食べる事が減ってくる方がほとんどだと思います。

その中で、急に普段より多く、脂っこい食べ物を食べると、食生活の乱れで体にストレスか生じて、一時的に分泌が乱れてしまい、ニキビが出来やすくなります。

年齢に関係なくできる大人ニキビ

ニキビというのは、年齢、年代関係なく、出来てしまうものです。
10代、20代の若い人にしか出来ないと思ったら大間違いで、30代、40代でもアダルトニキビというもので悩まされることがあります。

その原因としては、やはり、乾燥肌、というのがあげられます。
長年、ニキビと戦ってきた人なら、ニキビの原因として、皮脂が挙げられることをご存知の人も多いでしょう。
その皮脂が、乾燥肌とどう関係しているのかというと、乾燥した肌の油分を補うため、皮脂が分泌されて、その結果、40代でもニキビが出来てしまうんですね。

また、乾燥以外の原因では、ストレスというものがあげられます。
40代の人は、この二つが合わさって、ニキビがなかなか治らないのではないかと思われますね。

まずは、皮脂が分泌されすぎないように、肌が乾燥しないように徹底して、保水・保湿を心がけておくことです。
あとは、何気ないスキンケアも一度見直してみる必要があるかもしれませんね。

10代、20代の人が治るニキビが40代の人に治せないわけがないので、様々な原因を徹底して改善させていくことをオススメします。
そうすることで、アダルトニキビで頭を悩ませることは、なくなるはずですよ。
ニキビを気にしすぎることで、ストレスを感じたりして、アダルトニキビが治りにくくなっている可能性もあるので、あまり気にしすぎ、40代からのニキビケアをしていきましょう。

思春期ニキビとアダルトニキビの違い

ニキビは10代の思春期になる物だと思っていますか。
それは大きな間違いです。
確かに思春期にニキビが出来ることが多いと言われていますが、実際には成人してからでもニキビのことで悩んでいる方が沢山います。
特に男性よりも女性のほうがニキビが出来やすく、なんと40代になってもニキビが出来る人も少なくありません。

では、40代のニキビの原因はどのようなことがあげられるのでしょうか?

40代のニキビの原因で大きく言えるのは、「お肌の高齢化」です。
実際見た目が綺麗な肌をしていても、若い頃に比べるとお肌の状態が劣ってしまっているものです。
このようなことを書いてショックを受ける方もいるかも知れませんが、これはどんなに美人な女優さんも誰でも同じことです。
40を過ぎると、お肌のターンオーバーが遅くなります。
ターンオーバーの周期が長くなることで、お肌の角質層が分厚くなり、毛穴の詰まりが発生するようになります。
この毛穴の詰まりが、ニキビを発生させる原因になることが多いのです。

また、40代になると早い方で更年期障害が出てくるようになります。
それが原因でホルモンバランスが乱れ、皮脂の分泌に支障が出てしまいニキビが発生しやすくなる場合もあります。

40代のニキビは少し違うのかもしれない

20代以上のニキビはすべて大人ニキビと言われるものです。ストレスによって引き起こされるニキビ、生理前のホルモンバランスの崩れによって引き起こされるニキビ、メイクの洗い残しなどが原因のニキビ、こういったものがあげられます。40代以上のニキビはこの前提は少し崩れてしまうかもしれません。メイクの洗い残し、ストレスによるものは誰にでも起きるニキビの要因ですが、少しずつお肌の衰えが起きてくるのがこの年代。それが原因で肌のターンオーバーに時間がかかるようになると、毛穴が詰りやすくのでニキビができやすくなります。これが20代、30代のニキビのできる原因と違うところでしょう。

また更年期が近くなってくる年代ですから、エストロゲンという女性ホルモンの減少が起きたり、それによりホルモンバランスが崩れてニキビができてしまったりもします。

一度ニキビができるともう治りづらいのではないでしょうか?ニキビは基本的には洗顔が一番大事です。毛穴からは毎日皮脂が出ており、それがなんだかの原因で詰ると皮脂が外に出られずそのままとどまり、ぷつんと膨れたニキビを作り出します。
ニキビで悩んでいる方にはニキビ化粧品をオススメします。効果はやはりニキビのことを研究して作り出されただけあって効きますよ。

試してみてください。